LIGHT AND DISHES no.21 レポート ” 変わらないカッコよさ” のために

%e3%82%bf%e3%82%b3%e3%81%a8%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%ae%e3%81%93%e3%82%99%e9%a3%af 
(ナガオカさんの好物の”タコ”を使ったメニューを今回は数品。そのなかのひとつ、タコと生姜の炊き込み御飯)

今年2017年、最初のL&D のゲストはD&DEPARTMENT の創業者でありデザイン活動家のナガオカケンメイさん。何回か、たにたやには来てもらっていますが、改めてイベントのゲストとしてきてもらって、ちゃんとお話しを聞いてみようと思った今回。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナガメルをいつも読んでいるので、ちょっと予習していたつもりでしたが、、もう本人が登場してからいつものように質問もいくつかしてみましたが、なんだかカッコよくスマートな流れにもっていこうとすると見透かされたように、ナガオカさんが違う方向に持っていってしまう・・ような(笑) そんな感じでした。用意していた聞きたかったこととかどうでもよくなり、来てくれたみなさんの顔見ながら流れに任せていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、参加者のなかに、ナガオカさんが尊敬しているという文化屋雑貨店の創業者、長谷川義太郎さん(太郎さん) もいらしてくれて、とても豪華な回になりました。太郎さんが店主の文化屋雑貨店は2015年に閉店されていますが、ナガオカさんとはその閉店の前から親しい交流が続いているということです。
私と、ナガオカさんは同じ世代です。太郎さんは、その上の世代ですが、共有できる時代のアイコンたちはいくつもあって話題は、80年代、90年代、からミレニアムに入ってすぐくらいの辺りまで及びました。ただ、昔を懐かしんでいるだけではなく、明らかにその時代がつくってきたものの良さは、今の時代に替わるものが見つからないほど、素晴らしかったと彼らと話していて思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日の会話の中から、「情報の浴び方が違う」 「あの時代は毎日がなにをやっても楽しかった、おもしろかった」 などのフレーズが残っていますが、単なる懐古ではなくて、あの時と同じことを今また表現することが良いのではなく、あの時代だったから良かったというものがあります。もちろん、昔も今も変わらず、愛されているものや、世代を超えて残っているものはあるわけで、それを大切に伝えていっているのがナガオカさんの始められたD&DEPARTMENTなのです。
参加のみなさんに、ナガオカさんについて”魅力はなにか” を聞いてみました。
中には、「ナガオカさんのすごいところは、自分が思ったことをそのまま表現できているところ」と言っていた方がいました。または、
「もう、どこがなんて言えないです。言葉にはできないけど、なんだか良いんですよね」という方。どちらもそうだと思いました。
食事しながら、飲みながら、話は、ものづくりの話にまで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナガオカさんが話していたことで印象に残っていることがあります。
「これからの未来、人が作らない(機械で大量生産するという意味)ものばかりを手にしたり、車なんかも自動運転が人が運転するよりも安全で、それがあたりまえになっていくと思うけれども、人の手でつくられたものを、やっぱり使っていきたいよね」と。
ものづくりの継承、日本でものを作り続けていくことの大切さと難しさ、そして今の状況など、みなさんと話していると私自身も常に考えていることが多く、共感しきりで胸が熱くなってきました。
文化屋雑貨店の太郎さんも言っていました、「ものをつくる人が上。そうでなければいけないんだよ」と。この日、太郎さんからいただいた、太郎さん自作の
箸置き(のようなもの ?) があります。

%e3%81%af%e3%81%97%e3%81%8a%e3%81%8d
(文化屋雑貨店 創業者の太郎さんにいただいた、箸置きのようなもの)

ひとつ、宿題ができたような気がしています (笑)
もう、書ききれないほど、ナガオカさんと太郎さんの会話には、学ぶものがたくさんありました。

とにかく、人は、いつも矛盾と隣り合わせで生きている。ということを改めて気づかされた今回のひと時。ナガオカさんの話を聞いたりしていて感じたのは、
時代とともに変わっていくもの、残らないものがあるのはあたり前で。でも、
「変わらないカッコよさ」ってあるんだと。時代の流れの中で、過去のものや未来のものを柔軟に受けて入れていける自分でありたいと思うのですが、
これからは、変わらなく、自分が好きな「カッコイイ」を求めて生きていきたいと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナガオカさん、みなさん、ありがとうございました !
とても素敵な今年のスタートとなりました。

店主 : 谷田 宏江

0 comments on “LIGHT AND DISHES no.21 レポート ” 変わらないカッコよさ” のためにAdd yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>