LIGHT AND DISHES no.29 レポート「正体の先にはさらに”食”の広い可能性が」

シードル
松田さんから提供していただいた、西目屋村のシードル で乾杯 ! 写真 : Maki HAYASHIDA

(株)オアゾの代表、松田龍太郎さんの回は、終始笑顔の耐えないあっという間の
時間でした。
大学時代、建築をベースとした地域つくりなどを学んだということで、3年のときにエチオピアにゼミの調査で行ったことがこれまでのことにも繋がっているそう。そして、NHKの報道カメラマン時代、多くの経験を積まれ。「NHKは受信料というクラウドファンディング」とおっしゃる視点も面白く、カメラマンとしてのプロの勉強があったわけでなく、どんな現場、どんな状況にも飛び込んで行く意識が重要視されるというのも興味深かったです。その後、IIDでの講習で出会った小山薫堂さんのところでの経験により、「場所がメディアになる」という思考が松田さんに注入されます。そして女性のクリエイティブを活かすシーンをビジネスに結びつけたいと(株)オアゾを立ち上げます。しかし、会社のスタートから現在では一変し、八百屋瑞花の運営、飲食店のプロデュースなど、どんどん多岐にわたってきています。
それでも、どのお仕事にも女性の持つセンスとクリエイティビティを反映されているのがうかがえ、私は聞いていて個人的にもうれしくて前のめりに話を聞きいっていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
松田さんの、印象はポジティブで明るくて好奇心が強い、といった感じ。きっと、順風満帆にこれまでやってこられたのだと思っていました。でも聞くところによると、実は会社の経営がかなり厳しいときがあっとのことですが、お人柄により松田さんに信頼を寄せる方々からのお仕事や、お持ちのネットワーク力で厳しい状況も乗り越えてらっしゃった様子。流石です !

tetta白
岡山ワイナリーtettaの白。これも松田さんからの提供。 写真 : Maki HAYASHIDA
tettaロゼ
同じく、tettaのロゼ。松田さんから提供。 写真:Maki HAYASHIDA

人を雇用することについて、人件費というコストとして考えるか、それを新たに生み出す実績の為の必要な人材と考えるかで全く違ってくるということも私にとっては強く響きました。今回一番聞きたかった、食に関連する「空間」についてのこと。報道カメラマン時代の経験からということで、照明についての知識と考えを聞いたときには、びっくりでした。かなり詳しく知ってらっしゃる・・! 当然といえばそうなのですが、それだけ、光に関して意識を持たれてることがとても個人的にうれしかったです。「場所がメディアになる」ことを考えているので、空間の細部に対する重要性を感じているというのは共感。
Ormialeデカンタージュ
盛り上がりにより、松田さんからみなさんにOrmiale2012のプレゼント ! 写真 : Maki HAYASHIDA
ormialeショット
松田さん、キッチン側に ! Ormialeのボトルを持って一緒に 写真 : Maki HAYASHIDA

今後は、さらなる新たなビジネスの展開を考えているようで、興味と期待が大きく膨らみます。参加者のみなさんとも初対面の方がほとんどだったのにもかかわらず、松田ネットワークのどこかに必ず接点があったりと、みんなで驚きと笑いがずっと続き、いつも最後に参加者のみなさんと集合写真を撮りゆるやかに解散するのですが、その後、まるで二次会のようにさらに盛り上がり、いくつか新しく楽しい企画が生まれたりしました。
というか、レポートを書いていても、文章になかなかしにくい・・今回の松田さんの回。とにかく、集まったみなさんと次の展開が楽しみな内容になりました 。そして、私にはやはり最後まで正体の全貌がつかめなかった松田さん(笑)
集合 写真:Eriko MAKIISHI
次回の楽しみにとっておきますね。
松田さん、みなさんありがとうございました !

店主 : 谷田宏江

0 comments on “LIGHT AND DISHES no.29 レポート「正体の先にはさらに”食”の広い可能性が」Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>