LIGHT AND DISHES no.16 レポート「生きるように働く」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、日本仕事百貨の代表 ナカムラケンタさん。”仕事” “働く” という言葉への認識が、今の時代多様化してきているのを自分のことも含めて感じていました。なので、その”仕事”ということが、どのように紹介され、求人されているのかとても興味があり近所のご縁もあって、一度ちゃんとお話しを聞いてみたいと思いナカムラさんに声をかけました。今回集まった方々は、やはりナカムラさんの発信や活動に興味をもっている方たち。いつもよりも、真剣にナカムラさんの話に耳を傾けていらっしゃる姿が印象的でした。
「仕事は仕事というわけではいられなくなってきている。日々の暮らしとどのようにかかわってくのか、オフィスと自宅という場所の捉え方も変わってきていて色々な働き方がある時代になってきている」 とナカムラさんは言います。日本仕事百貨の掲げるコピー” 生きるように働く ” という言葉には、オンとオフの境目がなく、常に自分の時間でありたい。仕事の時間も自分の時間という考え方が込められているそう。そのように考えるきっかけは、求人のクライアントであるレストランの料理人の方への取材時だったと。その料理人の方は、休日でさえ行く先々で食材のことを考えたり無意識に調味料を手にとったりしていると。いわゆる仕事モードということになるけれども、それは、オンやオフではなく常にゆるやかな波の中で生きているということ。だから” 生きるように働く ”
なるほど。私もそう言われると、たにたやが定休日でも確かに食材の組み合わせのことを考えたり、食事や飲みに行っていても味付けのことをリサーチしているなと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せっかく働く場所を探すのなら、その仕事を好きになれて仕事の時間も自分の時間と思えるようなところで働きたいと思うもの。日本仕事百貨の求人サイトのページはどれを読んでも、するすると読みやすく求人を探している人でなくとも、紹介されている企業や職種のそれぞれの世界を知りたくなるように、わかりやすく書かれています。心がけていることはあるのでしょうか ?
「具体的なエピソードを書いていくことが、共感を得られる。なるべく平易な文章でストレスなく読めるように。抽象的な表現や、その会社の社訓のような内容だと感情移入がしずらいので」 と。当然、就職してから職場の印象があまり変わらないことが良いのでしょうね。その日本仕事百貨本体、(株)シゴトヒトで働きたいと面接にくる人たちにナカムラさんはとてもユニークな対応をしているよう。まず相手に、本当にやりたいことは何か、という問いをするそうです。その答えを聞き、明確に”何”かがある人には、”じゃ、それをやったほうが良いよ!”とアドバイスをするのだとか。求人、仕事を紹介する側の仕事なので、求められる人物像にはまた違った角度からの視点が必要なのかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナカムラさんの活動は、さらにフィールドが広がっています。現在、新島に仕事をつくるというプロジェクトを進行中。
” しごとをつくる合宿 ” 何年か前から好きで通っているうちにほんとに島に惚れ混んでしまい、現地の商工会の方々とも親しくなり、いろいろ相談されるようになったそうです。人材を探している職場の求人をサイトで紹介するだけでは、島に魅力を感じてもらえるようなことにはならないと思い、考えたプロジェクトだと。
仕事を紹介する仕事をしていると、そこから派生する様々なことに意識が広がっていきます。ひとつの目的では終わらず、だんだん仕事をとりまく環境のこと、地域のこと、人のこと、未来のことへと自身へのミッションのようにやりたいことが発生していくのかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「イイ場所にはイイ人がいる」とナカムラさん。日本仕事百貨の1Fにあるリトルトーキョー。
水曜から金曜をメインに、しごとバーが開催されています。様々なジャンルの人を招いて1日バーテンダーとしていろんな話が聞けるという企画。ゲストの分野に興味がある人たちが、いろんなところから集まるようです。そうして、場所と地域のことが知られて広く多くに伝わっていく。たにたやが目指していることと共感ができる場所つくり。私も、時々たにたやが終わると立ち寄っています。この日も、LIGHT AMD DISHESが終わった後、ナカムラさんとみなさんはリトルトーキョーへ流れていきました。
ナカムラケンタさん、みなさんありがとうございました !

店主 : 谷田宏江 

0 comments on “LIGHT AND DISHES no.16 レポート「生きるように働く」Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です